北海道立啓成高等学校同窓会 雪笹会 YUKIZASA-KAI

Privacy policy

雪笹会

北海道札幌啓成高等学校同窓会 雪笹会「一期生同期会・還暦を祝う会」

 ホームページの不具合のため、掲載が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
年も変わってしまいましたが、あの日を思い出してご覧いただければ…と思います。

→写真はWEBアルバムへ

雪笹会 一期生同期会は、平成22年9月19日(日)『みんなで祝おう還暦同期会』と銘打って開催されました。 先生お一人を含め80人という人数で、全日空ホテル祥雲の間で行われました。

 当日出席できなかった先生たちや仲間たちからは、たくさんのメッセージをいただき、懐かしさと共に、時の流れを感じました。先生から「還暦とは驚きですね。60歳はまだまだ若い・・」「もう還暦とは、不思議な気持ちです。自分の年齢のことは忘れて・・」などのメッセージがありました。先生方も時の流れを感じていらしたようです。 そうです。あの頃私たちは、高校生でしたから・・・。

 また、当時は学校全体に新しい学校を創造しようという意気込みがあり、生徒たちと共に苦労し、また、張り切った時期だったと、懐かしく思い出されているようでした。 お一人でも多くの先生方とお話をしたかったのですが、卒業後40年を超えた今では、やはり健康上の理由で欠席せざるを得ない方が多くいらっしゃいました。そんな中、菅村敬次郎先生にご出席をいただきました。

 そして後輩達からは、祝辞が寄せられ、初めていただく側になってみて、後輩達の気持ちに胸が熱くなりました。とても素晴らしい祝辞をいただきました。 還暦の会は校歌斉唱で始まり、物故先生、仲間たちへの黙祷と続き、敬次郎先生のお話と乾杯からは会場が教室のような錯覚を覚え、先生はやはり退職されても先生なのだと、お話を伺っていました。

 その後は、久しぶりの顔やら、久しぶりすぎて・・・さん?だったかなという場面もあり、どんどん話に花が咲いていきました。スクリーンでは、40年前に高校生だった方々の全道高校生OB対抗クイズ、これは啓成高校が南高校を相手に決勝まで行ったもので、もっと見ていただきたかったのですが、会場の「話の花」には負けていたようです。

 さらに卒業アルバムからのクラス写真や新校舎の様子も映されました。各クラスのアルバム写真を全クラス分用意してくださった方がいて、希望される方にはお持ち帰りして頂きました。盛り上がるビンゴゲームは五十嵐さんのおかげで、やっぱり盛り上がり、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。最後は、最後の最後の土壇場で出席を決められた西田さんの万歳で、お開きとなりました。
 次回みなさんとお会いできる日を楽しみに!皆さんとにかくお元気で~~!

 最後に『還暦会』に寄せてくださった先生のお言葉です。
『一期生の皆様がめでたく還暦を迎えるとは、85歳となりました我が身にとっても、この上なく悦ばしく存じます。「人生命ある限り成長です」と思って、益々好ましき日々をお過ごしください。』

  この会に参加、協力してくださったすべての皆様、有難うございました。

»活動状況▲ページトップ