北海道立啓成高等学校同窓会 雪笹会 YUKIZASA-KAI

Privacy policy

雪笹会

OB訪問レポートインデックス

第2回 第6期 映画監督 菅原浩志さん

OB訪問の第2回は、第6期 映画監督 菅原浩志さんです。

【監督からのメッセージ】

今のわたしたちは、環境においては恵まれていますが、果たして子どもたちはいきいきとしているでしょうか?
今ほど物がない時代での子供たちがいきいきしている、その当時の姿を見てもらいたい。
子供に見せたくない内容の映画が多い中、これは子供に見てもらいたい。そして、勇気や優しさを感じてもらえたら嬉しい。
また、浅丘ルリ子さんの衣装は芦田淳さんです。衣装も楽しんでもらいたい。

親との会話が少ない子が、この映画を学校行事の一環として見た後に、母親に「良い映画だったから見たら」と勧めたというエピソードがありました。
この映画によって、対話のきっかけとなってもらえれば・・・と。
その監督の思いが、私たち同窓会役員にも伝わり、同期や同窓生の皆さんに勧めてご無沙汰している人たちと、会話のきっかけとしたいと思います。

監督の印象に残っている映画は?

なんと3歳のときに観た「禁じられた遊び」とのこと。

監督になったきっかけは?

映画が大好きだったこと。年間300本くらいは観ていた。監督になるのではなく、映画の勉強がしたくてルーカスやコッポラの出たカリフォルニア大学ロ サンゼルス校に入学。ずいぶん映画をみて英語にも多少の自信があったが、実際には通じなかったので、 授業を受けるためにも懸命に勉強した。
卒業制作の映画では、賞を受賞した。

啓成高校の思い出は?

学校が終わったら真っ直ぐ、毎日のように映画館に直行していた。
戻れるものなら、またあの頃に戻りたい。できるものであれば、監督という職業を捨ててでも・・と。
そして、学校に対しては、アメリカがそうであるように、卒業生が、学生に対して育てる一員となり、協力している。自分もその役を担っていきたい。
「啓成高校あり」と、全国区になってもらいたい。

» インタビュービデオ

映画の詳しい内容はここをクリック 「早咲きの花HP」

【菅原浩志監督作品】

  • ぼくらの七日間戦争 (1988年)
  • That's カンニング! 史上最大の作戦?(1996年)
  • マグニチュード (1997年)
  • ときめきメモリアル (1997年)
  • ドリームメーカー (1999年)
  • DRUG (2001年)
  • ほたるの星 (2003年)
  • 早咲きの花 (2006年)

2008.10.6

»OB訪問レポート▲ページトップ